プラセンタで若く、美しく

プラセンタのANGEL

美容だけではない、お酒とプラセンタの関係

美容だけではない、お酒とプラセンタの関係

美容や健康維持に良い、と最近話題のプラセンタをご存知でしょうか。
英語で胎盤を意味する言葉で、豚や馬などの胎盤から抽出されたエキスが化粧品やサプリメントに配合されています。
もっとも知られている効果は肌のハリを高めてシワやたるみを防いだり、シミを予防し美白するという美肌効果なのですが、その他にも新陳代謝を高めて元気に過ごすことができたり、お酒を飲む方にもとてもおすすめであることは、意外と知られていません。
お酒との関係についてご紹介するには、まずは胎盤の働きと含まれる成分についてご説明する必要があります。
胎盤には、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養成分が含まれています。
その中でも、胎盤ならではと言える成分が、成長因子です。
胎盤はお母さんのお腹で赤ちゃんを育てるゆりかごとして働く臓器です。
お腹の中で赤ちゃんは、とてつもないスピードで成長していきますが、その鍵となる物質のひとつが成長因子なのです。
成長因子は、細胞分裂を活性化することで赤ちゃんの成長を促します。
胎盤を利用したサプリメントによる美肌効果や健康は、成長因子を体内に取り込むことで、新陳代謝が活発になった結果得られるものだと考えることができます。


http://www.sports-net.jp/zennsinnkea.htmlにも書いてあるように、胎盤に含まれる成長因子には、さまざまな種類がありそれぞれ細胞分裂を盛んにする部位が異なります。
成長因子の一種である繊維芽細胞増殖因子は、繊維芽細胞という肌のハリの源であるコラーゲンを生み出す細胞を増やす成長因子によって、シワやたるみのない美しい肌へと導くことができます。
肝細胞増殖因子は、肝臓の細胞分裂を活発にして肝臓を元気にし、働きを高める作用をもたらします。
肝臓の新陳代謝が高まることこそ、お酒を飲む方におすすめする理由です。
アルコールの強い弱いは、肝臓がアルコールを分解する力に影響されるのですが、プラセンタを摂取することで肝臓が元気になり、アルコールを速やかに分解できるようになるのです。
と肝臓の関係は医学的にも証明されており、実はプラセンタには肝臓の薬として利用されているものもあるのです。
医薬品として利用されるプラセンタは、人の胎盤から抽出されたエキスを用いますが、サプリメントの場合でも、これまでご説明してきたように成長因子と呼ばれる特別な成分が含まれているため、効果を期待しても良いと考えています。
お酒を楽しみたい方、飲みすぎからくる二日酔いを防ぎたい方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
また、二日酔いになってしまった方は二日酔いの朝は青汁がおすすめだそうです。

こちらのサイトのプラセンタの摂取方法の種類についてのページや、高麗人参酒通販の口コミ評判についてのページも是非併せてご覧ください。